森林・山村多面的機能発揮対策交付金のお知らせ
 

平成29年度事業について

・平成29年度事業の実施については平成29年2月28日締め切りで事業実施要望額調査(希望調査)を行い20団体から応募があり、林野庁に要望額を提出しました。
林野庁内示は要望額に達しませんでしたので、2次要望(時期についてまたHP記載)を行う予定です。

・平成29年度森林・山村多面的機能発揮対策について
事業実施及び交付金申請は林野庁の平成29年度森林・山村多面的機能発揮対策実施要項(平成29年3月31日28林整森第334号)に基づき行います。

(1) 長期にわたって手入れをされていない里山林を優先的に採択します。
  3年以下、同一の森林で同一の活動をする場合も同じです。
(2) 国の交付金が減額されます。市町村から交付金が上乗せされる場合があります。
  例) 里山保全タイプの場合
  1. 市町村の上乗せがない場合 12万円(国)
  2. 市町村の上乗せがある場合 12万円(国) + 4万円(市町村) = 16万円(計)
    市町村の上乗せのある活動が優先採択されます。
    市町村の上乗せについては森林の所在する林務担当課にお問い合わせください。
(3) 森林経営計画および森林施行計画の策定された森林は交付金の対象外となります。
  教育・研修活動タイプとの併用もできません。
  森林経営計画等の策定状況については応募前に森林の所在する各市町村林務担当課にお問い合わせください。
(4) 地元の住民の多様なもので構成された団体やNPO等が行う活動が対象となります。
(5) その他 平成29年度予算の概要(林野庁HPより)をご覧ください。

森林山村多面的機能発揮対策実施要領(H29.3.31改正:WORDファイル) 

モニタリング方法に関するガイドライン
交付金の効果の調査・確認方法について(PDFファイル)

応募方法

応募先
公益社団法人 茨城県緑化推進機構
〒310-0011 水戸市三の丸1-3-2
пF029-303-2828 FAX:029-233-2333
 
このページの先頭へ
- Copyright 2014 公益社団法人 茨城県緑化推進機構 All rights reserved -