企業等による協働の森づくり いばらき森林づくりサポートセンター

協働の森パートナーズ協定とは

企業等の森林づくり参加をサポートセンターが斡旋立ち会いの基に森林保全契約や協定書を交わすこと

○ パートナーズ協定の目的

  1. 企業等 : 協賛金(緑の募金)や福利厚生事業としてマンパワーを提供
    @ CSR活動 (社会貢献)
    A 社員研修等の実習 (体験型)
    B 企業等のPR活動 (地球温暖化防止活動参加のイメージアップ効果)
     
  2. 森林所有者 : 活動フィルドの提供による良好な森林管理
    @ 森林保全管理 (植林、保育等荒廃を防ぎ資産管理、環境管理にも最適)
    A 地域社会交流 (地域森林ボランティア団体、都市住民との交流による地域活性化が期待できる)
     
  3. サポートセンター : 仲介業務
    @ 森林所有者と都市住民、山村地域と都市の企業等との交流による資金投下や労力の導入

○ パートナーズ協定の実行による効果

  1. 森林の再生 : 放置された森林(人工林)が善良なかたちで甦る
     
  2. 環境貢献 : ひ弱な人工林を再び手入することにより自然環境保全ができる
     
  3. 緑環境教育 : 日本人のアイデンティティである森林文化を都市住民が大観できる
     
  4. 社会貢献 : 環境付加の高い企業の森林保全活動による社会貢献ができる
     
  5. 広報活動 : 異常気象などから引き起こされる日本の亜熱帯化などの問題を認識した活動によるPR効果もある