「水と緑と土のネットワーク」とは?

1. ネットワークの名称

水と緑と土のネットワーク

2. 構築(設定)年月日

平成19年2月

3. 構築の目的

森林整備や自然環境保全に賛同する農林水産団体や環境団体等が情報を共有しながら清らかな水、青々とした緑、そして豊穣な大地の美しい郷土の構築を目指して活動を展開する。

4. 構成メンバー

水と緑と土のネットワーク 代表 石川多聞
林業関係
27団体
森林ボランティア団体
24団体
農業団体
  4団体
畜産団体
  2団体
水産団体
  1団体
環境団体等
11団体

5. ネットワークの運営体制

公益社団法人茨城県緑化推進機構が会費負担を設定しないで運営管理することとし活動情報等の提供は林業団体、県で構成する茨城県森林林業活性化委員会(タスクフォース)で行う。

6. 活動内容

活動の対象
県内一円
活動の対象
森林、湖、海、生物、農地、青少年教育(緑育)、地域づくり等
活動内容
ホームページを利用した上記対象の情報の伝達や収集を主とする

7. ネットワークの課題

第1次産業と環境関係等をメンバーとしたことによりコンテンツの発信や意見交換、行事の開催などの難しさ、立ち上げ後の運営費の確保等が課題。

8. 連絡先

〒310-0011 茨城県水戸市1-3-2 (茨城県林業会館内)
公益社団法人茨城県緑化推進機構
Tel:029-303-2828 Fax:029-233-2333